スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

生徒さんの向こう側

2016/08/25 17:46 

オリンピック終わりましたね~!
次は、パラリンピックですよ。

個人でも凄かったけど、日本の団体戦に感動していました。

誰かの為とか、それぞれ抱えている熱い気持ちがここぞという時に、今まで以上の底力を生むのですね。

カルチャーの生徒さんの事について、
今日は書いてみたいと思います。

基礎から製図、セ-タ-、カ-デとそれぞれに、課題があります。

進行状況が、皆さん違うので、前の日あの人に必要な資料を考えたり、


早く行ってシュミレ-ションしています。




生徒さんが、教室に入ってくださる理由って何だと思いますか?




寒くなると、編み物をしたくなる。

おばあちゃんが編み物をしていた。

自己流で本を見て編めるけど、基礎からしっかり習いたい。

お孫さんに、セーターを編んであげたい。

子供の手が離れたので、自分が習いたいものとして選んだ。




私のクラスには、元先生、現在先生の方もいます。




そして・・・・編み物に必要な算数(数学ではないです)が苦手。

表現に支障があると失礼なので、敢えて苦手という表現にさせて頂きます。

他にも、編み物以外である部門苦手な方。もいらしゃいます。




私自身、言葉足らずだったり、表現も苦手な方だと思います。

誤解を生まないよう細心の注意はしておりますが。・・・・まだまだ修行が足りません。




そんな時、担任を持っていた元先生から、アドバイスを頂けたり、

恵まれた環境にとても、感謝しております。




ここからは、ちょっと違うきっかけの方々を紹介したいと思います。

今回教室に入って下さった方、2名の方の教室に入って下さったきっかけを、

お話しくださり、今までより、もっと自分の勉強をし直さなければ。

という気持ちになりました。




障害者施設で働いている、お子様もいる生徒さん。

そこに来ているおばあちゃまは、何も出来ない状況で、ためしに

昔やっていたという編み物をしてもらったそうです。

そうしたら・・・・凄く上手に生き生きと編み始めたそうです。

「先生、手が覚えているんですね」それを見て、感動して自分も編み物をやろう。

と思ったそうです。




もう一人の生徒さんは、現役の高校の家庭科の教師で、小さなお子様を

お持ちです。ご自分のお子様を、あずけてお休みの日に習いに来てくださっています。




お二方とも、目的を持って、その習ったことを仕事に生かすための、スキルに

しようとしてるのです。




そうです!目の前の生徒さんに、編み物を通じて達成感を、自分に自信をつけて

頂きたい。そして、楽しさを教えたい。

それだけではないことに、気づいたんです。

目の前の生徒さんの向こう側にいる、第2の生徒さんの事も、念頭に入れなくては。




高校生には、これから手作りを好きになって貰えるか?

障害をお持ちの方に、手作りを通して癒してあげられるか?




教えるという事・・・もう一度原点に立ち返って考えるきっかけを、頂きました。




お病気をお持ちで、家から出る勇気がなかったおばあちゃまでも

週1回でも家から出ることによって、編めると自信が出てきて

もっと、編みたいと意欲的になっていく姿を目の当たりにして、嬉しい限りです。




そこで、ちょっとお願いがあります。




お孫さんのセーターを2年を目処に編んでいる方。

お嫁さん~~~。本人が心配しています。

あまり上手じゃないから・・・送り返されたらどうしよう?

何度もほどいて、一生懸命に編んでます。喜んであげてくださいね。




夏休み、美容院に行って、口紅をつけて綺麗にしてきた、おばあちゃま。

お孫さんが来るかもしれないから・・。楽しみにして、着飾っております。

部活で忙しいかと思われますが。。ちょっと顔を見せてあげてくださいね。




ここまで読んで頂きありがとうございます。




長文失礼いたしました。


にほんブログ村

関連記事

日々の事Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

コメント

障害者施設で働いています。
私自身、編み物をしていて習ってもいます。

障害者は「癒やし」のために手芸をしているわけではありません。彼らも達成感や自己表現の手段として編んでいます。

障害者は常に「癒やし」を求めているわけではありません。彼らにとって、何らかの身体の不具合は常に共にあるもので、日常です。

障害者は趣味を持ってはいけませんか。趣味で編んではいけませんか。常に癒されていなくては生きていられないとお思いですか。


No:885 2017/08/09 16:35 | #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。